フリーメイソン入会であまり知られていない~ウィリアム・ラッセルとチャールズ・リンドバーグ!所属していたロッジは・・・・・・!?

ウィリアム・H・ラッセル

1848 年にカリフォルニアで金が発見されると、ゴールドラッシュが起こり、1849 年だけで2 万5 千人が、1854 年までに14 万人がカリフォルニアへ向かい、こうして、西部の人口が増加してゆくと郵便の需要が高まり、ウィリアム・ラッセル、アレクサンダー・メイジャーズ、ウィリアム・ワデルは、Leavenworth & Pike’s PeakExpress Company(レベンワース&パイクス・ピーク速達会社)、通称ポニー・エクスプレスを1860 年に設立し、ミズーリー州とカリフォルニア州を早馬により10 日間で郵便を配達するサービスを開始しました。ウィリアム・ラッセル、アレクサンダー・メイジャーズもまた、フリーメーソンでした。

 

チャールズ・リンドバーグ

チャールズリンドバーグ

スウェーデン移民の息子として、ミシガン州デトロイトで生まれ、1927 年にプロベラ機のスピリット・オブ・セントルイス号で、ニューヨーク・パリ間を単独無着陸飛行に成功した飛行家のリンドバーグもフリーメーソンで、フリーメーソンの象徴であるコンパスと直角定規を上着につけ、愛機に乗り込みました。彼が所属していたロッジは、 Keystone Lodge No.243, St.Louis, Missouri です。

 

スポンサードリンク




Amazonで買う


 

幸運なリンディ~2万5千ドルの賞金

チャールズ・リンドバーグは、1902年、農場に生まれました。 若い頃は、機械に関心を持っていました。18歳になると、彼は大 学に進み工学を学びましたが、勉強するよりも飛行機を操縦したい と思っていました。それで、2年後に大学をやめ、操縦する方法を 身につけ、それから飛行機を操縦するため軍隊に入りました。その 後、彼はセントルイスとシカゴの間を飛行機で郵便配達する会社で 働き始めました。

 

1926年、リンドバーグはある良い知らせを耳にして、興奮しま した。ある裕福な男性が、大西洋を飛行機で単独横断に初成功した者に対し、2万5千ドルの賞金を与えると言ったのです。リンドバ ーグには、飛行機が必要でした。セントルイスの実家たちが、飛 行機を製造する費用を出してくれました。彼は、この飛行機を「ス ピリット・オブ・セントルイス」と呼びました。

 

リンドバーグは、1927年5月20日のある朝、この飛行機で、ニ ュヨーク市を出発しました。彼は翌日の夜、パリに到着しました。 約34時間で、5、800km以上も飛行しました。世界中の人々が、新 聞で彼の心おどる飛行について読みました。彼は「幸運なリンディ」と呼ばれ、ヒーローとなりました。 リンドバーグは大西洋横断の空の旅に関する本を書きました。彼 自身と、彼の飛行機について論じたので、この本を「我れ等」(We) と名づけました。

 

まもなく、リンドバーグは飛行機と飛行について 人々に教えるため、アメリカのたくさんの都市に飛びました。の ちに、彼は世界中のたくさんの国々に飛び滞在したので、各国の 人々や諸文化に関心を持つようになりました。今では世界中の多く の人々が彼と彼の有名な飛行について知っています。

 


Amazonで買う



スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る